マテリアライズド

ビジネス英語、シンガポール、好きな音楽、時計、読んだ本など

SpotifyとBandcampがあればCDはいらない。レコードはいるけど

昨日この記事を読んで、その日の夜にはSpotifyのPremium会員になってました。 昔話 おそらく40代の音楽ファンは、上の記事にとても共感できると思います。 例えば私の場合、「持っているCD/レコード枚数への偏執的な拘り」「ミックステープを作って、レタリ…

『ランペイジ 巨獣大乱闘』観てきた

日本はゴールデン・ウィークの真っ只中ですが、本日、5月1日だけは、シンガポールもLabour Day(メーデー)の祝日です。 というわけで、映画でも観たろかいなと繰り出したところが、とくに観たいものがなく、時間の都合が良かった『Rampage(邦題:ランペイ…

チャーミングなオフ用時計:ノモス『クラブ キャンパス 36』レビュー

今回は、平日の仕事以外のオフの日に愛用している時計を紹介します。 ノモスのクラブ キャンパス 36mmです。 ノモス グラスヒュッテというブランドについて 「クラブ」シリーズについて なぜ『クラブ キャンパス 36mm』を選んだか クラブ キャンパス 36のレ…

ドリームポップの傑作:Spiritualized / Laser Guided Melodies|名盤しりとり(1)

(1)Spiritualized / Laser Guided Melodies 英国のロックバンド、Spiritualizedのデビューアルバム。1992年のリリースです。 昨日の記事(↓)でも書いたように、本ブログの名称の由来となったバンドです。 ヴェルヴェッツ風味もあるロック好きにはたまら…

ブログ名に使えるかっこいい英単語まとめ&英文ブログ名の付け方(案)

響き重視でいきたい ブログの名称については、アクセス数が伸びやすくするためのテクニックはあるでしょうし、基本的にはタイトルは中身を表したものである方が良いとは思います。 しかし私は、英文というか"カタカナ"の、ぱっと見て記憶に残る、でもあんま…

最近もの忘れの激しいヒトの為の音楽?!:The Caretaker / Everywhere at the End of Time: Stage 4 レビュー

「痴呆症」「失われた記憶」をテーマにした全6部作 英国の電子音楽家、ジェイムス・リーランド・カービィ(James Leyland Kerby)氏によるプロジェクト、The Caretakerの全6部作シリーズ『Everywhere at the End of Time』の第4部がこのほど発売されまし…

いい感じのビジネス英語(19):英訳のクオリティを上げるポイントまとめ(初~中級者向け)

誤解されないための和文英訳のコツ 仕事の打合せにおいて、英語をしゃべるのが苦手でも、英文の書類を使って根気よく説明すればなんとかなります。 でもその書類に書かれた英語が、おかしな英語なら。。。 理解してくれない、ならまだいいですが、最悪なのは…

インド所感2018:ひさびさのインドはやっぱりインドらしかった

先日インドに1週間ほど出張してきました。 2年ぶりくらいのインドは相変わらずインドでした。本記事はその所感。 まとまりのない記事になっていて恐縮ですが、本ブログには、海外出張を控えた方が多いと思いますので、初めてインドに出張する方がいれば、…

理想的なドレスウォッチ:ジャガー・ルクルト『マスター・ウルトラスリム・ムーン 39』レビュー

本ブログは今から約5年前、人生初の機械式腕時計、オメガのシーマスター・アクアテラを置き引きにあった悲しみと怒りを吐き出すために衝動的に書いた記事からスタートしました。最初の記事で「オメガどころか、ジャガー・ルクルトでもブレゲでもパテック・…

いい感じのビジネス英語(18):学校で習わないけどよく使われる「合っている(一致している)」

ずいぶんほったらかしにしてしまったこのブログですが、例えばこの「いい感じのビジネス英語」シリーズもほんとにネタが思いつかず(とくに考えてるわけでもないですが)、長文を書くのもしんどいので、練習がてら、今回はちょっとした小ネタを紹介しようと…

シンガポール少額訴訟やり方まとめ:賃貸マンションの敷金返さないオーナーを裁判所に訴えたった件

先日、私の日本人同僚が、シンガポールで賃貸マンション(コンドミニアム)の敷金トラブルに見舞われ、少額裁判所(Small Tribunal Court)に返金を求めて訴えました。同様のトラブルに見舞われる方も少なからずいると思われますので、参考までに少額訴訟の…

いい感じのビジネス英語(17):「強調する」は「exaggerate」ではなく「emphasize」もちょっと違う。では?

日本人がよく最初に思い出す「exaggerate」という難しい単語 今回はちょっと小ネタ的に、商談/プレゼン等でよく使う「強調する」として、パッと使えるようにすべき単語を紹介します(英語の得意な日本人はフツーに使う単語です)。 英語での打合せの最中、…

Copyright © MATERIALIZED All Rights Reserved.