マテリアライズド

ビジネス英語講座、シンガポール、好きな音楽、読んだ本の感想など

いい感じのビジネス英語(15):英語なんてろくにしゃべれないのに急に仕事で必要になった人が気を付けるべき3ヶ条

今回はタイトル通り、『英語なんてろくにしゃべれないのに急に仕事で必要になった人が気を付けるべき三ヶ条』を、私の過去の個人的経験とともに紹介します。 つまり、ビジネス英語のだいぶ初心者向けですが、意外と忘れがちになったり、ちょっとしたことで大…

草間彌生氏の個展『YAYOI KUSAMA: Life is the Heart of a Rainbow』@National Gallery Singaporeに行ってきた

長蛇の列がシンガポールでの人気の高さを示す シンガポールの"メトロポリタン美術館"こと、ナショナル・ギャラリー(National Gallery Singapore)において先週6月9日から開催中の、草間彌生氏の個展『YAYOI KUSAMA: Life is the Heart of a Rainbow』に行っ…

マックス・リヒターのおすすめアルバム5選:ふだん意識的に音楽を聴かない人にこそ聞いてほしい音楽

前回の記事でアイスランドの作曲家、ヨハン・ヨハンソンのおすすめオリジナル・アルバムを紹介しました。 www.materialized.biz 今回は、ヨハン・ヨハンソン氏と並んで、ネオ(ポスト)・クラシカル音楽業界の二大巨頭とされるマックス・リヒター(Max Richt…

映画『メッセージ』音楽担当のヨハン・ヨハンソンのおすすめオリジナル・アルバム4選

映像美を引き立てる神秘的かつ不穏な音楽 映画『メッセージ』が日本で公開され話題になっております。 ウロボロス的(円環的)なお話好きにはたまらない、映画を観終わった後でいくつか思い出せる限りのシーンを反芻して、そこに隠された意味を考察する楽し…

2017年7月、The XXがシンガポールにやってくる!@SINGAPORE INDOOR STADIUM・・・スタジアム?

The XX 来星決定!(ちょっと前に) 今年1月に発売された新作も素晴らしかった The XX(ザ・エックス・エックス)が7月25日、ここシンガポールにもやってくることを今日知りました! ※その素晴らしい新作についてはこちらを御参照 んで7月かー、いやー、ま…

シンガポール・マイナー観光地(2):戦争記念館『シロソ砦』が伝える太平洋戦争

シンガポールの戦争記念館 ユニバーサル・スタジオや水族館などのレジャー施設の集まるリゾート・アイランド『セントーサ島』の西端にあり、シンガポール政府が太平洋戦争の史蹟として保存しているシロソ砦に行ってきました。 ▲シロソ砦の高台に向かう空中回…

シンガポール・マイナー観光地(1):ハウパーヴィラ(タイガーバームガーデン)で啓蒙される

何気に今年80周年を迎えたシンガポール随一の珍・観光スポット シンガポールのマイナー観光地を自分で楽しんで、このブログで紹介していくことにしました。第一回目は、シンガポール随一の迷・珍スポットとして有名な「タイガーバームガーデンことハウパーヴ…

Burialが突如新作EP『Subtemple』をリリース! ダーク・アンビエント路線まっしぐら

本日、以前本ブログでも紹介した昨年の11月のEP『Young Death/Nightmarket』に続き、短期間で突如新しいEPがリリースされました。 下記NPRのページで聴けます。 www.npr.org 2曲収録(約17分)。A面の"Subtemple" もB面の"Beachfires"も、前作のダークで…

シンガポールで初めての散髪:英語で希望の髪型を説明するベターな表現

今週のお題「髪型」 シンガポールで初めての散髪:美容室探し なんやかんやで仕事の打合せ等で日本にはちょくちょく帰っており、その度に散髪していますが、4月はその時間がないままにシンガポールに戻り、3ヶ月近く放置した髪があまりにも鬱陶しいために…

いい感じのビジネス英語(14):パッと英語で価格(数値)を言えるようになるためにするべきこと

数字の言い方(命数法)が異なるからややこしい! 英語のビジネス会話の中で、パッと数字が英語で出てこずに苦心した経験を持つ方は多いと思います。というかめちゃくちゃ多いと思います。 というより、ネイティブ・スピーカーではない日本人ビジネスマン全…

Oren Ambarchi / Hubris (2016):前衛音楽業界の紳士達による騒音的美学

超豪華メンバーが参加 去年買うのを忘れていた一枚。先日日本に一時帰国した際に買いました。 Editions Megoの紹介ページによると、参加メンバーは、 Oren Ambarchi(リーダー) Crys Cole Mark Fell Will Guthrie Arto Lindsay Jim O'Rourke Konrad Sprenge…

映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』のミカ・レヴィによるサントラが凄い

J・F・ケネディ大統領の暗殺事件前後を、ナタリー・ポートマン扮するジャクリーン・ケネディ夫人の告白を通して描いた映画『ジャッキー』を観ました。 アカデミー賞候補にもなったナタリー・ポートマン氏の演技が素晴らしかったですが、それよりもなによりも…

いい感じのビジネス英語(13):日本人がよく使う「対応する」の意味で憶えておくべき英単語5つ

広い意味をもつ「対応する」は英語では使い分けるべき 日本人は、社内・社外向け問わず「対応する」という言葉をよく使います。例えば、客からの要望に対して「対応する」、問合せメールに「対応する」、昨日発覚したあの問題に「対応する」、あの変更は誰が…

シンガポールのレコード/CD屋めぐり(6):House of Turntables

今日たまたま近くに寄ったので、Millenia Walkの中にある、ターンテーブルやオーディオ機器、新品・中古レコードを扱う「House of Turntables」を訪問。 店のウェブサイトには「Featuring thousands of vinyl records」とか書いていたのに、実際店頭にあるの…

いい感じのビジネス英語(12):英会話をグレードアップさせるオススメの副詞いろいろ

今回は、ビジネス会話でよく使う単語で、かつ初級者が使いがちな単語のバリエーションとして使えるような副詞を集めました。これらの副詞を会話の端々で自然と使えるようになれば、英会話は確実に上達したと言えると思います。

Singapore Art Week 2017:シンガポールのアートイベントを最後の週末にちょっと見てきた

2017年1月11日~22日は、Singapore Art Week(SAW:アート週間)ということで、シンガポール各地で様々なアート関係の催しが行われていました。 最終日の22日(日曜日)になんとか休みを取れたので、アートスポットをいくつか訪問してきました。 【1】OBJEC…

シンガポールのレコード/CD屋めぐり(5):Hear Records

めげずにシンガポールのレコード屋めぐり第5弾。 SIM LIM SQUAREの南隣のショッピング街にある『Hear Records』を訪問。 新品・中古のアナログ盤のみ。店のFacebookページによると、店長は日本でレコードを漁っている模様(ディスクユニオン等)。 前回のCU…

Flaming Lipsの新作『Oczy Mlody』感想:アディクティブな会心のポップサイケデリア

4年振り、15枚目のオリジナル・アルバム『オクシィ・ムロディ』 The XXの新譜と同じ日、というかウェイン・コイン氏の誕生日である1月13日に発売されたフレーミング・リップスの新作を買いました。 『Oczy Mlody』という見慣れない単語を用いたタイト…

The XX、待望のサード・アルバム『I See You』レビュー:瑞々しいメロディはそのままに新たな個性を身に付けた

4年半ぶりのニューアルバム『I See You』 ロンドン出身のトリオ、The XX(ザ・エックス・エックス)のニューアルバムを、1月13日の発売日にiTunes Storeで買いました(相変わらずシンガポールではCD買えないので)。 個人的にも、割りと世の中的にも2015年…

ブリアルの新作EP 『Young Death/Nightmarket』レビュー:前作で大きく変化、本作で大きく進化

ブリアル 3年振りのEP『Young Death/Nightmarket』 ブリアル(Burial)が昨年末にリリースした新曲2曲収録の12インチEPを買いました。と言ってもいま手元にターンテーブルがないので、iTunes Music Storeにてダウンロード版を購入。過去2作のEPは2~3曲…

あけましておめでとうございます:大晦日に親父が一人でシンガポールに来たのでベタな観光に付き合った

あけましておめでとうございます。 シンガポールは旧正月、いわゆるチャイニーズ・ニュー・イヤーが正月ムード/休日の本番です。よってこの度の正月も、(蒸し暑いままだし)普通の週末とほとんど変わらない雰囲気なんですが、大晦日、元旦、二日と、短いな…

ドライアイロンのススメ:ワイシャツを毎週自分でアイロン掛けしないといけない男性は迷わず買うべき

旦那がアイロンを掛ける家庭は多いはず 私事で恐縮ながら、私は日本の家にいる時は毎週、ワイシャツを自分で洗濯し、月曜から着ていく為に、遅くとも 日曜の夜までにはアイロンをかけないといけない境遇におります。 これは遡ること6年前、妻がアイロン掛け…

シンガポールに来たら食べるべきちょっとマイナーなローカルフード ベスト3+番外おすすめ

シンガポールでは外食の値段の差が極端 シンガポールは物価が高いことが有名で、ちょっと小洒落たレストランやバーなどに調子にのって行こうものなら、ビールが一杯1,000円とかはザラ。だいたい街中のレストランで普通に食事をしたら、一人あたり5,000円くら…

あまりにもシンガポールでCDが買えないので遂に我慢できずにAmazonプライムで注文したらシンガポールの家まで2日で着いた

Amazonプライムが最後の希望になりつつある世界 シンガポールのCD/レコード屋さんはすでに壊滅的状況です。タワレコは2006年に、HMVは昨年(2015年)、完全に撤退したようです(参考記事)。小さなCD/レコードショップはまだいくつかあって、地道に一軒ず…

ニューヨークのパーカッション奏者 Eli Keszler氏の初来日決定!・・・・・

先日発売されたニューアルバム『Last Signs of Speed』も素晴らしかった、ニューヨークの現代アーティスト(パーカッショニスト兼画家)、Eli Keszler氏(発音はイーライ・ケスラー?)が、遂に初来日するとのニュースを発見。「よっしゃ、今度これに合わせ…

いい感じのビジネス英語(11):英文メールで「お願い」するとき憶えておくべき単語2つ

「お願い」ばかりのビジネスメール 基本的にビジネス上のメールは「お願い」であふれ返っています。アポイントメントのお願いから、資料送ってくださいのお願い、はたまた、ご確認/ご理解くださいメールから、ちょっと議事録書いといてメール、今晩一杯いき…

Thomas Brinkmann / A 1000 KEYS :ラディカル&ミステリアスな実験音楽

演奏家が自分の音楽から情緒的な要素を徹底的に削ぎ落としたとしても、録音された音楽の聴き手の脳はどこまでいっても過去に経験した、もしくは描いたイメージを記憶の奥底から持ち出してきて、音から受ける印象に重ね合わせることで不可解な音をイメージに…

ATCQ最後のアルバム『We Got It From Here... Thank You 4 Your Service』が最高

A Tribe Called Quest、18年ぶりの最新アルバムにして、最後のアルバムは、最高でした。another Classicの誕生に小躍りしながら、繰り返し聴いております。 買ってください。 We Got It From Here… Thank You 4 Your Service アーティスト: A TRIBE CALLED Q…

いい感じのビジネス英語(10):学校では教えてくれない「単位」の言い方

日本人が意外と知らない単位の言い方 今回はシンプルに単位の話。 英語を仕事で使い初めたばかりの日本人の多くは、よく使う「長さ」や「重さ」の単位を、まじめに習った通りに発音してしまい、通じにくいことがよくあります。 アジアの国々では、中国系、マ…

シンガポールのレコード/CD屋めぐり(4):CD Rama @ Popular @ Central (ATCQの新譜をシンガポールで普通に買えず泣く)

A Tribe Called Questの新作CDが欲しいのに、シンガポールで売ってるとこ見つけられません。ありえん。なんとなく扱ってそうな気がした『That CD Shop』に電話しても店員はATCQさえ知らんし、やっぱり入荷なし。アマゾンで買って個人輸入もできるが、やっぱ…

シンガポールのレコード/CD屋めぐり(3):Curated Records

シンガポールのレコード屋めぐり。 今回行ったのはここ。「Curated Records」という店名と店構えに少し期待しながら。 入って60秒で引き返そうと思いましたが、店員の視線が辛いので、3分ほど興味あるふりをしてレコードを探り、なにも買わずに引き返しま…

いい感じのビジネス英語(9):中学英語を超応用して、スラスラ会話するコツ

中学英語を、超「応用」するということ ビジネス英会話は「中学英語だけでもなんとかなる」とよく言われます。 実際、自分の話す拙い英語や、ネイティブの英語を振り返ってみても、たいして難しい文法や単語を使っているわけではなくて、仕事の会話よりも、…

Amazonで「スリッパ」で検索して一発目に出てくるスリッパがリピートしたくなる心地よさ

100円か300円のスリッパを履きつぶしてきた日々 よく靴には金をかけるべきと言いますが、家の中で履くスリッパやったら別に安モンでええやないかという向きが大多数かと思います。 そういう私も、スリッパは100円か300円ショップのものばかり使っていました…

シンガポールのレコード/CD屋めぐり(2):ROXY DISC HOUSE (Adelphi)

新品レコードとCDを扱う店 マリーナ・ベイのTHAT CD SHOPがあまりにもしょぼかったので、市内(City)に買い物に行ったついでに、Google Mapで検索して見つけたレコード屋に行きました。 Roxy Disc House (Adelphi) 住所:1 Coleman St, Singapore 179803 …

シンガポールのレコード/CD屋めぐり(1):THAT CD SHOP

シンガポールでは、大きなレコード屋さんをぜんぜん見かけません。同僚のシンガポール人によると、タワレコやHMVみたいな店は数年前に軒並み撤退したとのこと。 理由は、みんな音楽はダウンロードして聴くようになって、CDが売れなくなったためというこ…

ヨハン・ヨハンソン(Johann Johannsson)の新作『Orphee』 がnprでフル試聴可能

ヨハン・ヨハンソン(Johann Johannsson)のドイツ・グラモフォン(!)からの新作『Orphee』がnprで全曲試聴できるようになってて眠れない。レーベルといい、「オルフェ=オルフェウス」というタイトルといい、ジャケットといい、スペシャル感が凄い。9月16…

シンガポールでマイナー映画を観るならGolden Mile Towerの『ザ・プロジェクター』(ウディ・アレンの新作観てきた)

シンガポールでマイナー映画が見られる場所 シンガポールには映画館はいっぱいあれど、マイナー映画やるようなミニシアターはないもんかと探していたらこんなんがありました。 The Projector タイ人街として有名なGolden Mile Complexの隣の隣(?)のGolden…

Piano Cloud Series / Volume One購入:20人のピアニストによる、静かな、でもたしかに場の空気を変える力を持つソロ・ピアノ小品集

先日一時帰国した際の、日本の7月の空気が、私の記憶の中で、この旋律たちとともに海と夜を越えて匂い立つ。 なんて聴きながらさっきアマゾンでCD紹介を読んでたら、12曲目を演奏しているHior Chronikというアテネ生まれのピアニストは、シンガポールと東京…

シンガポールの秋葉原 SIM LIM SQUAREでの買い物。Xiaomi(シャオミ)Redmi 3Sを購入

シンガポールの秋葉原 SIM LIM SQUARE(森林スクエア)での買い物 携帯電話がもう一台必要になったので、シンガポールの秋葉原と言われるSHIM LIM SQUARE(シムリム[森林]スクエア)へ。タクシーの運転手は誰でも知っています。車で行っても駐車場はちゃん…

シンガポールでもシン・ゴジラ公開。しかし観客の反応はいまいち。私もがっかり。

シンガポールでも今月25日、シン・ゴジラが公開されました。日本でやたらと盛り上がっているので早速観に行きました。 サンテック・シティのGolden Villageはかなり都会エリアのメジャーな映画館のはずなのですが、観客の入りは4割くらいでした(2週間前…

【決定版】海外出張持ち物リスト|これだけ持っていけば間違いなし!【解説付き】

最近の海外出張での実情・経験を考慮して、さらに持ち物リストを更新しました。 コンセプトはこれまでと同じく、 これだけ身に着けて、カバンに入れて、スーツケースに放り込んでおけばまず間違いなく、あとは仕事に関する資料の準備だけに集中すれば良いリ…

自転車マニア以外楽しめない:シンガポールのシマノ・サイクリング・ワールドに行ってきた

先週の土曜日、シンガポールにあるシマノミュージアムこと、SHIMANO CYCLING WORLD(シマノ・サイクリング・ワールド)に行ってきました。 入口外観です。スタジアムなどのスポーツ施設が集まったところの一角、スポーツ博物館の隣にありました。入場料は無…

いい感じのビジネス英語(8):英文メールを少しだけ格上げする便利な表現10

最近英語のメールを打つ機会が増えてきたというような人向けに、これを使っていたら、こいつ英語できるやん、と相手に思わせることができて、かついつの間にか英語がうまくなるようなメール定型表現を紹介していきたいと思います。 上段が英語初級者の書きが…

いい感じのビジネス英語(7):国際会議/ワークショップでの英語プレゼンに役立つフレーズと単語

今回は、英語によるプレゼンテーション、とくに商談のような少人数ではなく、国際会議やワークショップなどの大人数を前にしたプレゼン英語がテーマです。 「英語 プレゼン」で検索すると、役立つ/よく使うフレーズ集を紹介するサイトが山程出てきますので…

渾身のポートレイト写真集を無料公開!『Neighboring Drains』

ここに無料で公開するポートレート写真群は、撮影者が居住地の近くを逍遥した際に遭遇したシミュラクル現象の数々に、ノエマの彼岸(もしくは此岸)にあるプンクトゥムの可能性を考察する試みの第一歩を赤裸々に記録したポンクトゥムである。 △【参考写真】…

Logan Richardson 『SHIFT』:リーダー3作目が期待以上の素晴らしさ

ニューヨークにいたけど現在パリ在住、1980年生まれのアルト・サックス奏者、ローガン・リチャードソン(Logan Richardson)の『SHIFT』を購入。 Logan Richardson (alto saxophone) Pat Metheny (guitars) Jason Moran (piano & fender rhodes) Harish Ragh…

Lemar 『The Letter』買った

Lemarの新作が日本でも2/10に発売されました。 新しさはなくとも、往年のソウルやオリジナル曲をメロウな声で、実に丁寧に歌い上げていく姿には好感しか浮かばない。ジャケも素晴らしい。ただ、日本盤のボーナストラック(タイトル曲のリミックス3曲)はど…

いい感じのビジネス英語(番外):飛行機内でものをもらうときの表現

今回はビジネス英語ではない飛行機関連の小ネタです。 かなり浸透している万能フレーズ「Can I have〜?」 英語で、なんか欲しいときは、Can I have〜? を使えばほとんどの場合間に合うということで、これは色んな初級英語講座で紹介されているはずです。モ…

いい感じのビジネス英語(6):「考えています」に"Think"を使わない

Happy Chinese New Year! 今年の春節(旧正月)は2月8日、9日ということで、シンガポールでのめんどい仕事を終えた2月5日金曜日はシンガポールの年末仕事納めの日にあたり、来週の休みに合わせた海外旅行客で日本に帰る飛行機は満席。直前にエコノミーに一席…

いい感じのビジネス英語(5):日本人があまり使わない便利な代名詞

(遅ればせながら)明けましておめでとうございます。などと言ってみたのは、我々日本人が新年初めてメールを送る相手などに、「明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます」とか書くのと同様、外国人とのビジネス・メールのやりとり…

Copyright © MATERIALIZED All Rights Reserved.