マテリアライズド

ビジネス英語、シンガポール、好きな音楽、時計、読んだ本など

スウォッチ『スキン・クラシック・メタル・ニット 34』レビュー:薄くて軽くてエレガント、そしてジャガー・ルクルトのマスター・ウルトラ・スリムにそっくり!

私の初めての腕時計は、小学生高学年くらいの頃(80年代後半)に親戚のおばさんに誕生日プレゼントでもらったスウォッチでした。私が身に付けてしばらく経った頃から、周りでスウォッチが流行りだしたので、うれしさのあまり「俺が流行らした」とかアホのよ…

パテック・フィリップの展覧会『Watch Art Grand Exhibition』@シンガポールを見てきた(写真多め)

世界最高峰の時計メーカー、パテック・フィリップ(1839年創業)による時計展覧会が、9月28日~10月13日まで、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズで開催されています(入口は、Marina Bay Sands SouthのLevel B1)。 ドバイ(2012年)、ミュンヘン(2013…

TransferWiseのデビットカードを入手! 両替手数料、銀行手数料よ、さらば!

母国を離れて海外で働くひとの強い味方、TransferWise(トランスファーワイズ)がこのほど、シンガポールでもDebit Mastercard(デビットカード)の発行をはじめました。 TransferWiseは、たしか元Skypeの頭がいい人が開発した、全く新しい仕組みの国際送金…

タイ・バンコクの中古家具屋『PAPAYA Design Furniture & Studio』に行ってきた

先日、訳あって土曜日からタイ・バンコクに出張しました。 日曜は休みということにして、バンコク郊外にある中古・ヴィンテージ家具屋『PAPAYA Design Furniture & Studio』まで足を伸ばしてみました。 バンコク中心街からやや離れており、最寄りのMRT(地下…

美しい小さめドレスウォッチ:ジャガー・ルクルト『マスター・ウルトラ・スリム 34』(Cal.849)レビュー

すでに廃番となって久しい、ジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre)の手巻き腕時計『マスター・ウルトラ・スリム 34』(Master Ultra Thin 34)をこのほど、中古で手に入れました。 この時計は、日付表示もなければ秒針もなく、ついでにミニット・トラック…

【インド小旅行】ジャイナ教の石窟寺院と岩山登山

シッタナバサルのジャイナ教ロックテンプル 先日インドに出張した際、日曜日に帰る飛行機が夕刻だったので、ちょっと観光してきました。いま流行りのブレジャーというやつです。 行き先は、インド南西部のタミル・ナドゥ州にあるシッタナバサル(あるいはチ…

いい感じのビジネス英語(36):「海外に進出」「新しいマーケットに打って出る」をこれ以上ないくらいスマートに言う方法

先日久々にジャカルタに出張してきました。ちょうど選挙結果が出る直前にシンガポールに戻ったので、例の暴動には遭遇しませんでしたが、あいかわらず、交通渋滞は最悪でした。 ジャカルタ都心部は、偶数と奇数の日それぞれには、同じ偶数と奇数のナンバーの…

いい感じのビジネス英語(35):英会話をグレードアップするネイティブがよく使う単語3つ

先日、シンガポールのチャンギ空港内にできた話題のショッピングモール「JEWEL」に足を伸ばしてみました。ミーハーだけに。 JEWELのシンボル、世界最大の人工屋内滝には1ミリも感動を憶えず、滝周辺の立体的な植栽と、それらをバックに空港ターミナルを結ぶ…

いい感じのビジネス英語(34):日本人があまり使わない「面倒くさい」の言い方

シンガポールには「Umisushi」(うみすし)なる寿司・日本食レストラン・チェーンをよく見かけます。 先日あるところで昼ごはんに何を食べるか迷いに迷った挙げ句、丼ものが10ドル以下という値札に惹かれ、炎に魅せられた蛾のようにふらふらと入ってみました…

いい感じのビジネス英語(33):仕事で使う「説得」は「Persuade」ではなく「Convince」を使うべき理由

昨日、日本の新元号が発表されたことで、ネット英語辞典『Weblio』でも、単語検索ランキングに「元号」とか「令」が上がってきていました。 しかしこのようなレアな機会に憶えておくべきは、「元号」や「令」よりも、「退位する」という意味を持つ「abdicate…

とても懐かしい響きのフェネスの7thアルバム:Fennesz / Agora

Fennesz(フェネス)の前作『Becs』から実に5年ぶりとなる、通算7作目のアルバム『Agora(アゴーラ)』が発売されました。 本作は、(理由は不明ながら)いつもの録音スタジオが使えなくなったため、彼の住むアパートの寝室にて、最小限の機材で作成された…

いい感じのビジネス英語(32):会話で憶えておくと便利な「とは言うものの」「そうは言っても」の英語表現

先日、昼ご飯を食べに外を歩いていて気づいたのですが、ヤシの木の根っこってめちゃくちゃきもいですね。 幹の下の方の樹皮がパカっと割れて、狭い出口から我先にと一斉に飛び出してきたミミズの大群みたいな根が、大量に溢れ出していました。赤茶色の方を恐…

シンガポールの映画館『The Projector』で4月~5月、タルコフスキーの3作品が上映予定!

以前本ブログにて、シンガポールで数少ない(唯一?)マイナー映画を上映する映画館『The Projector』を紹介しました。 この映画館は、エアコンの調節ができないため長袖必須くらい寒すぎるのが問題ですが、サブカル/アートっぽい雰囲気が好きで(本当は好…

2019年版『世界で最も物価の高い街ランキング』がおかしいので1位シンガポールと5位大阪をリアルに比較してみた

先日(2019年3月19日)、各メディアで『2019年版 世界で最も物価の高い街ランキング』が発表されていました。 トップ10は以下の通り 10位 テルアビブ(イスラエル) 7位 ニューヨーク(アメリカ) 7位 コペンハーゲン(デンマーク) 7位 ソウル(韓国) 5位 …

ビジネス・投資の危険度を色分けした2019年版「カントリーリスクマップ」が公開されていました

海外で仕事するうえでのリスク管理の指標 貿易保険を提供する日本政府100%出資の(株)日本貿易保険(NEXI)は、色分けされて日本語で見やすいカントリーリスクマップを、毎年同社のウェブサイトに掲載しています。 このほど、最新の2019年版がアップされてい…

遂に完結! 記憶の喪失をテーマとした音楽6部作『The Caretaker / Everywhere at the End of Time: Stage 6』

2016年9月から始まった、ジェイムス・リーランド・カービィ(James Leyland Kerby)氏による、痴呆症/アルツハイマー病をテーマとした音楽プロジェクト、The Caretakerの『Everywhere at the End of Time』の最終作となる第6部(Stage 6)がこのほどリリー…

いい感じのビジネス英語(31):サービスの「全容」とかプログラム「全体」のそれっぽい言い方

またもやブログをサボっておりました。 言い訳をすると、1月末から出張が連続し、東はオーストラリアから、西はインドまで、アジア・パシフィックのあちこちを飛び回っていたら、ごっつう背中と腰(lower back)が痛くなってきて、今日はバンコクでマッサー…

いい感じのビジネス英語(30):英語で仕事するならおぼえておきたいラテン語10選++

英語は、様々な他言語を語源とした単語が数えきれないほどたくさんあって、実はすでに知ってる単語のあれもこれもがフランス語やドイツ語起源だったりします。 Origins of English Pie Chart出典:Wikimedia Commons 語源についての知識を身に付けることで、…

朝の光に青白く輝く:ノモス・グラスヒュッテ『オリオン』(35 mm 青針/手巻き)レビュー

年に一度の高級時計の国際展示会『SIHH - Salon International de la Haute Horlogerie Genève』が昨日(1月14日)、スイスで始まりました。 個人的には、A.ランゲ&ゾーネとジャガー・ルクルトの新作に興味があります。前者の方はすでにいろいろ情報が出て…

シンガポールのレコード/CD屋めぐり(8):White Label Records

The Analog Vaultの店員さんから、「White Labelは買い取りやってる」と聞いたので、早速チャイナタウンまで足を伸ばしてみました。 入り口 着いてみたら、チャイナタウンとは言っても、URAビルの対面あたりの、おしゃれな(高級な)レストランやバーがひし…

シンガポールのレコード/CD屋めぐり(7):The Analog Vault

こちらの新聞記事で紹介されていたレコード屋『The Analog Vault』に行ってきました。 The Analog Vault 店構え 事前にウェブサイトをチェックしたところ、品揃えのジャンルは、ジャズ、エレクトロニカ、ヒップホップということで期待していました。 また、F…

いい感じのビジネス英語(29):仕事で「できます/できません」のかっこつけた言い方

仕事中に「私は~をできます/できません」と言う場合、英会話初心者の方は、だいたい「can/cannot」を反射的に使うと思います。 シングリッシュでは、「できる」「できない」をそのまんま「Can」の一言で済ますことが多く、ある意味非常に合理的とも言え、…

いい感じのビジネス英語(28):仕事で使える「同じ/等しい」を表す英単語・熟語あれこれ

今回は、仕事で使うことが割と多いと思われる「同じ/等しい」に着目して、使えると英語がいい感じになる「同じ系」英単語・英熟語を紹介します。 例えば日本語で「同等」と同じ意味の単語を挙げろと言われれば、「同一」「同様」「同格」「同種」くらいが誰…

いい感じのビジネス英語(27):「納期」と「納入までにかかる時間」の英語表現あれこれ

あけましておめでとうございます。 年末から新年にかけて、初めてタイのプーケットに行ってきました。 離島のビーチでシュノーケリングして大量の毒ウニにびびったり、象に乗ったり、ホテルのプールサイドでボケっとしてたら日焼けというかヤケドしたりと、…

いい感じのビジネス英語(番外編2):海外タクシーの種類&行き先・道の伝え方。東南アジア、インドなど

もう3年近く前の以下の記事に続く、ひさびさの番外編です。 今回は海外出張・旅行でよく使うタクシーにスポットを当てていますが、欧州や米国、中国には滅多に行かないので、東南アジア各国での事情が中心になります。 // 1.海外のタクシーの種類と乗り方…

【2018年】私の年間アルバム・ベスト10:エレクトロニカ、ロック、ブラジル、ジャズ、アンビエント、ミニマルなど

今年はSpotifyの有料会員サービスの素晴らしさに気づいて以降、確実に例年よりも多めに新しい音楽を聴きました。しかし、CDを買う枚数は激減しました。 一方で、あまりにも簡単に次から次へと聴けてしまうので、昔のように一枚のレコードを擦り切れるくらい…

【ニュース】シンガポールのレコード屋さんは増えているらしい

今日のStraits Times(シンガポールの新聞)に興味深い記事がありました。 日本と同様シンガポールでも、音楽の聴き方がストリーミングに急激に移行する一方、レコードの温か味、触り味、みたいなもんが好きな音楽愛好家も一定数はいるようです。 記事による…

ローラーボールのススメ:カランダッシュ(CARAN d'ACHE)のエクリドールがアラサー&アラフォーにおすすめな理由

ローラーボールペン(Roller ball)をご存知でしょうか。 水性のインクを使ったボールペンのことです。 水性インクのペンは、軽快な書き心地と、弱い筆圧でもかすれずに、均一な発色の文字を書けることが特長です。 ボールペン(Ball point)は、油性インク…

いい感じのビジネス英語(26):英文メールを格上げする便利な表現10(その2)

以下の記事が好評なので、それの第2弾として、よく使われる定形表現、ならびに略語などをまとめておきます。 ただし、今回はかなり初心者向けであることをご了承ください(私が実際は英語中級者くらいなので致し方なし!)。 上段が英語初級者の書きがちな…

シンガポールのコンドミニアムの家賃相場を超正確に調べる方法

シンガポール全体の模型が見られる『Singapore City Gallery』 先週末、シンガポールURAの『Singapore City Gallery』に行ってきました。 URA(Urban Redevelopment Authority、都市再開発庁)は、シンガポール国家開発省の下部組織で、同国の都市開発計画を…

Copyright © MATERIALIZED All Rights Reserved.